培養プロトコールに従い、閉鎖環境下で細胞播種、培地交換、 細胞画像取得、培養細胞回収を自動で実行します。 【研究用】

特徴

骨髄及び脂肪組織由来の間葉系幹細胞の培養ができます。

  • 閉鎖環境下で培地交換などの培養工程を自動化しました。
  • 培養中の細胞画像を取得、保存します。で培地交換などの培養工程を自動化しました。
  • 骨髄10mlから2週間培養で2,000万個の間葉系幹細胞が取得できます。で培地交換などの培養工程を自動化しました。
  • デスクトップサイズの装置です。(W1,087×D615×H628mm)で培地交換などの培養工程を自動化しました。
  • 専用の大型フラスコを使用します。(直径25cm)で培地交換などの培養工程を自動化しました。

ニュースリリース バックナンバー
2014年2月24日 2014年3月4-6日 国立京都国際会館で開催の 第13回日本再生医療学会総会 にカネカ 閉鎖型自動細胞培養装置「P4CS」を出展予定です。
2013年2月13日 2013年3月21-23日 パシフィコ横浜で開催の 第12回日本再生医療学会総会 にカネカ 閉鎖型自動細胞培養装置「P4CS」を出展予定です。
2013年2月13日 経済産業省広報誌「METI Journal 2・3月号」にカネカ 閉鎖型自動細胞培養装置「P4CS」が掲載されました。
2012年4月12日 2012年6月13-16日パシフィコ横浜で開催の ISSCR 10th Annual Meeting にカネカ 閉鎖型自動細胞培養装置「P4CS」 を出展予定です。
2011年6月10日 2011年6月15-18日開催の「ISSCR 9th Annual Meeting」に出展しました。
2011年6月10日 カネカ 閉鎖型自動細胞培養装置「P4CS」オフィシャルサイトを公開しました。

※治療を目的として使用しないでください。

カタログダウンロード

下記からダウンロードください。